So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

つばき

004.JPG

3年めにやっと、玉之浦が咲いた。

京都の種苗店で探し出したものだ。
一番開いたときに画像を取ろうとしたのだが、落ちてしまっていた。
あれま。
あと4つ蕾が開きそうだから、また楽しみにしている。

3月に

二月にも一度雪が積もりかけた。
もともと雪は少ない。
001.JPG
風邪を一度だけひいて、2月は終わった。

恐ろしいほどの寒波も無かった。
027.JPG
真夏の酷暑もない、穏やかな年になればよいと思う。

JR桃山駅まえの桜は2月になると花をつけ始める。
正月すぎたころから、花芽が大きくなり始めるのだ。

不思議です。

大寒

珍しく庭に雪が降り、少し積もった。
数日前から風花が舞ってはいたのだが、風花という言葉すら知らない街なのだ。

徳島出身だという2軒先のご夫妻は言う、「関西はいいね。ここに来て、45年住んで、大きな台風とか、豪雪とかに遭ったことがないもの」

そうなのだ。

わたしは雪の無いところで育ったので、雪には苦手意識もある。005.JPG

こんなに、大変な雪が降った。

2月に咲くはずの寒菊が12月には咲き始めていた。
「きちんと2月に咲けたならば、雪には遭わなかっただろうに」と菊を気の毒に思った。
いやいや、それも、なんか、違うなあ・・異常気象なのだろうか、とおもう。




十日戎もあけまして

やっと、今年初めての休日がやってきた。

昨日までに、年賀状も全て終了。ずれてしまったのは、12月18日、25日、1月8日と、オルガン演奏があったからだ。

年賀状は2通り作った。
ひとつは、国許の銘菓「かすまき」によくにた菓子大阪でみつかったので、「かすまき」にちなんだ文を添え、「かすまき」をご存知の方々にお出しした。

010.JPG

もう一枚は対馬の茶碗。こちらは呑み助のレディあんどジェントルマン諸氏に送った。

006.JPG

茶碗酒・・・ちっとも、しないなあ。


今年もよろしくお願いいたします。


晦日月

明け方、強い風が吹いた日が二日あった。
木枯らしかな・・とおもいつつベッドの中でグズグズをたの染む。

庭で、長い間咲き続けた小菊たちも、そろそろ刈り取ってしまう時期になった。
001.JPG

この黄色い菊は、わずか1本になってしまったのを増やした。

この時期に咲くのは6種類、寒菊が3種類あるはずなのだが、寒菊は1本しか確認できない。

006.JPG

これからは椿が順に咲き始めるだろう。
あまり構ってやらなかったのは、花つきも良くない。
構った割りに花つきの良くないのもある。

一緒なのか・・・今日は、太神楽が開いた。

004.JPG

お火焚きの季節です

お火焚き・・五穀豊穣の感謝のお祭りといわれているが、食べるもののほうにばかり目が行く。
おくどさんにお供えするのは、宝珠の焼印のある饅頭。
052.JPG

三角に切ったおこし。これは水をあらわすそうだ。

もうひとつは、かんきつ類。

かんきつ類は、家の周囲に植えて、類焼を防ぐ役目もある。

しかし、最近カラタチの垣根など滅多に見ない。

京都の歳時記として、饅頭を買い、おこしを食べる。

秋が深くなる。


京都の山奥へ

蓮華寺にもみじを見に行った。
御蔭神社から八瀬に出る、というお決まりのコースを歩く。

005.JPG

きのこがたくさん出ているが、見るだけ。
さわらない。
043.JPG

045.JPG

この白いやつ、必ず、この場所に出る。

2016-10-28

松茸到来。

カナダ産です。
019.JPG

一本は松茸ご飯に。
もう一本は松茸昆布に。

色は白いけれど、香りはよいです。


我が家の秋の七草

2週間来の風邪が抜けて、裏庭に出てみると、案の定、草ぼうぼう。
そこにヤマトシジミや、セセリが20頭ほど飛び交っている。

003.JPG

どくだみ、いぬたで、かやつりそう、よもぎ、つゆくさ、えのころぐさ、ニラ・・

ちゃんと、7種類そろっていやがる・・・

抜いてしまいたいが、お隣との境界部分だけ掃除して、あとは放置ちゅう。
寒くなったら、また、やります。

ひえ~~

だいぶご無沙汰です。

無事に夏も病気せず、秋になっても大丈夫・・とおもったら、強烈なのど風邪をもらいました。

定期健診での主治医は、はい、どこも悪くないですよ。尿もきれいです。風邪は自力で治しましょうね・・

だと。

10月11月は、苦手。古い言い回しだと、天中殺。

ぼちぼちがんばります。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。